網 代 漁 港
江戸時代には廻船港、近年は近海漁業基地として繁栄した、漁師町の雰囲気が色濃く漂う静かな港町。つりや散歩には最適です。沖を見ると、四角い筏が浮かんでいるのが目に止まります。この筏で鯛やハマチ等の高級魚を養殖し出荷しています。筏の一部が釣堀(有料)として開放されており、手軽につりの醍醐味を味わうことができます。

網 代・魚 市 場
網代沖で漁れた魚を中心に水揚げされます。朝7時頃から始まる魚のセリ市。少し早起きして散歩がてら見学してみると、威勢のいい声が聞こえてきます。